「三権」の読み方と意味とは?「さんけん」と「さごん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「三権」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「三権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「三権」の正しい読み方は「さんけん」と「さごん」どちら

「三権」の読み方として想定できるものに、「さんけん」「さごん」があります。

「さんけん」「さごん」の二つの読み方のうち、「三権」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「三権」の正しい読み方の結論は、「さんけん」が正しい読み方になります。

「三権」の名詞に使われている「権」という漢字の音読みは「ケン・ゴン」、訓読みは「いきおい・はかる(常用漢字表にない読み方)」です。

ただし「三権」の言葉では「権」「ケン」の読み方が使われて、「ゴン」と読まれることはありません。

そのため、「三権」「さごん」と読むのは明らかな読み間違えとなり、「さごん」という日本語自体も存在しないのです。

「三権」の意味

「三権」の意味は、「国家権力を構成している立法権・行政権・司法権の三つの統治権」を意味しています。

立法権とは「法律を定めることができる権力」、行政権とは「法律に従って実際の役所での事務処理・外交・社会保障などを行う権力」、司法権とは「裁判を行って強制的にその判決を執行できる権力」を指しています。

「三権」の言葉の使い方や使われ方

「三権」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『近代啓蒙思想家であるモンテスキューによって三権分立が提唱されて以来、それが近代国家の前提になっています』
・『大統領や首相といえども裁判を執り行うことはできないとする三権の分立によって独裁政治を抑止できるのです』
・『三権のうちの立法権は議会に属していますが、行政権は議会ではなく内閣(首相)によって執行されます』

まとめ

この記事では、「三権」の正しい読み方「さんけん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「三権」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の内容をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました