「上方修正」の読み方と意味とは?「じょうほうしゅうせい」と「うえかたしゅうせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「上方修正」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「上方修正」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「上方修正」の正しい読み方は「じょうほうしゅうせい」と「うえかたしゅうせい」どちら

「上方修正」「上」は、音読みで「ジョウ」「ショウ」、訓読みで「うえ」「あ(がる)」などと読みます。

また「方」は、音読みで「ホウ」、訓読みで「かた」「かく」「まさ(に)」などとなります。

さらに「修」は、音読みで「シュ」「シュウ」、訓読みで「おさ(まる)」「おさ(める)」などと読むことができます。

その上、「正」は音読みで「セイ」「ショウ」、訓読みで「ただ(しい)」「ただ(す)」「まさ」になります。

「上」「方」「修」「正」すべてを音読みにすると、「じょうほうしゅうせい」と読めます。

一方、「上」「方」を訓読み、「修」「正」を音読みにすると、「うえかたしゅうせい」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「上方修正」「じょうほうしゅうせい」と読みます。

「上方修正」「うえかたしゅうせい」ではなく、「じょうほうしゅうせい」と読むようにしましょう。

「上方修正」の意味

「上方修正」とは、従来の予想よりも、高い数値に修正することを言います。

「上方修正」「上」は、「うえ」「あげる」などを意味しています。

また「方」は、「かた」「むき」「正しい」などを表しています。

さらに「修」は、「おさめる」「正す」「正しくなる」などの意味を持っています。

その上、「正」「ただしい」「ただす」「まさに」などを指しています。

「上方修正」の言葉の使い方や使われ方

・『業績が回復してきたので、売上額を上方修正することになった』
・『副業で総収入が増えたので、家計簿の予算を上方修正した』
・『株価が上昇したので、業績の上方修正を行った』

まとめ

「上方修正」は漢字の意味から見ると、「上の方に納めて正す」と言うような意味合いになります。

「上方修正」「じょうほうしゅうせい」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました