「下値」の読み方と意味とは?「したね」と「しもね」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「下値」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「下値」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「下値」の正しい読み方は「したね」と「しもね」どちら

「下」という漢字は訓読みでは「した」「しも」「下(さ)げる」「下(くだ)る」「下(お)りる」「もと」と読み、音読みでは「か」「げ」と読みます。

そして、「値」は訓読みでは「あたい」「ね」「値(あ)う」と読み、音読みでは「ね」「ちょく」と読みます。

「下値」の場合、「下」「値」それぞれに訓読みを当て、「したね」と読むのが正解です。

同じ訓読みでも「しもね」と読むと誤用になるので注意しましょう。

正しい読み方の結論

「下値」の正しい読み方は「したね」になります。

「下値」の意味

「下値」には以下の意味が含まれています。

「取引において、現在の相場よりも安い値段」「下取りの値段」「買い物の代金の一部として取ってもらう品物の値段」 「下」という漢字には「した」「うしろ」「くだる」「さがる」などの意味が含まれており、「値」という漢字には「値打ち」「値段」という意味のほか、「遭う」「出あう」などの意味が含まれています。

「下値」の言葉の使い方や使われ方

・『この企業の株を購入しようと思っているが、もう少し下値で買おうと思っている』
・『ドル円が少しずつ、下値を切り下げており、円高の洋装を示していた』
・『店頭にはキャンペーン中の下値が大々的に広告されていた』

まとめ

「下値」の正しい読み方は「したね」になります。

「下値」「取引において、現在の相場よりも安い値段」「下取りの値段」「買い物の代金の一部として取ってもらう品物の値段」という意味を表す言葉です。

タイトルとURLをコピーしました