「中値」の読み方と意味とは?「なかね」と「なかち」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「中値」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「仲値」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「仲値」の正しい読み方は「なかね」と「なかち」どちら

「仲値」の読み方として想定されるものに、「なかね」「なかち」があります。

「なかね」「なかち」の二つの読み方のうち、「仲値」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「仲値」の正しい読み方の結論は、「仲値」が正しい読み方になります。

「仲値」の用語で使用されている「値」の読み方は音読みで「チ」、訓読みで「あたい・ね」になります。

ただし金融用語である「仲値」の読み方は「なかね」であると決められています。

そのため、「仲値」「なかち」と読むのは明らかな誤読として判断されるのです。

「なかち」と読むことができる漢字表記は、「中地」になります。

「仲値」の意味

「仲値」の意味は、「銀行・FX会社などの金融機関が毎営業日の午前10時頃に発表する、外国通貨のその日の買値と売値の間の売買レート」のことです。

「仲値」というのは、「外為市場・FX市場の取引実勢レートを参考にしてそれぞれの金融機関で決められるため、すべての金融機関で同じレートではない」という特徴があります。

「仲値」の言葉の使い方や使われ方

「仲値」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『為替レートは常に変化し続けていますが、金融機関で定められる仲値はその営業日一日にわたり有効なことが多いです』
・『仲値は英語ではミッドマーケットレートと呼ばれることもあります』
・『仲値は買値(ビッド)と売値(アスク)の間の中央値を参照するので、売り手にも買い手にも公平なレートとされます』

まとめ

この記事では、「仲値」の正しい読み方「なかね」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「仲値」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました