「中腹」の読み方と意味とは?「ちゅうふく」と「なかはら」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「中腹」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「中腹」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「中腹」の正しい読み方は「ちゅうふく」と「なかはら」どちら

「中腹」「ちゅうふく」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「中」「ちゅう・じゅう」、訓読みは「なか・あ(たる)・あ(てる)」「腹」の音読みは「ふく」、訓読みは「はら・こころ」です。

「中腹」と表記する場合「なかはら」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「中腹」の正しい読み方は「ちゅうふく」です。

「なかはら」とは読みません。

「中腹」の意味

「中腹」の意味は、「山の頂上とふもととのまんなかあたりのこと」です。

登山できる程度の山で、ふもとから頂上へ向かう道の中ほどにあたる距離を表します。

「中」「二つの物の間」「上下・大小などに分けたときの、間のところ」という意味、「腹」「おなか」から転じて「物の中央の部分」という意味、「中腹」「山の頂上とふもとの間にある部分」になります。

「中腹」の類語は「山腹(さんぷく)」で、こちらも「山全体の中央にある部分」という意味になります。

「中腹」の言葉の使い方や使われ方

「中腹」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『見晴らしの良い山の中腹に別荘を建てる』
・『山の中腹で休憩を取って昼食にする』
・『中腹にさしかかってから天候が悪くなる』

まとめ

今回は「中腹」の読み方について紹介しました。

「中腹」の正しい読み方は「ちゅうふく」で、「なかはら」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました