「人工皮革」の読み方と意味とは?「じんこうひかく」と「じんこうかっぴ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「人工皮革」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「人工皮革」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「人工皮革」の正しい読み方は「じんこうひかく」と「じんこうかっぴ」どちら

「人工皮革」の読み方として考えられるものに、「じんこうひかく」「じんこうかっぴ」があります。

「じんこうひかく」「じんこうかっぴ」の二つの読み方のうち、「人工皮革」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「人工皮革」の正しい読み方の結論は、「じんこうひかく」が正しい読み方になります。

「人工皮革」「皮革」という言葉の読み方は「ひかく」であり、「かっぴ」という読み方をすることはできません。

そのため、「人工皮革」「じんこうかっぴ」と読むのは、明確な誤読として判断されるのです。

「人工皮革」の意味

「人工皮革」の意味は、「天然皮革に近い見た目と質感を人工的な技術によって作り出した素材」を意味しています。

「人工皮革」というのは、「不織布層の上にポリウレタン樹脂のコーティング層をつくって、本物の皮革と近い質感・見た目を再現した人工的な衣料素材」なのです。

「人工皮革」の言葉の使い方や使われ方

「人工皮革」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『人工皮革は天然皮革よりも価格が安いのですが、高級感や耐久性ではどうしても劣ってしまいます』
・『人工皮革の主材料は経年劣化しやすいポリウレタン樹脂であるため、約3年ほどで綻びが目立ってきます』
・『人工皮革と合成皮革は同じものと誤解されやすいのですが、合成皮革は基材に不織布を用いないもののことを言います』

まとめ

この記事では、「人工皮革」の正しい読み方「じんこうひかく」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「人工皮革」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました