「仮住い」の読み方と意味とは?「かりずまい」と「かすまい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「仮住い」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「仮住い」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「仮住い」の正しい読み方は「かりずまい」と「かすまい」どちら

「仮住い」「仮」は、音読みで「カ」「ケ」「カク」、訓読みで「かり」「か(す)」と読みます。

また「住」は、音読みで「ジュウ」「チュウ」、訓読みで「す(まう)」「す(む)」「とど(まる)」となります。

「仮」「住」を訓読みにすると、連濁(れんだく)によって、「かりずまい」と読むことができます。

一方、「かすまい」も訓読みで読めそうですが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「仮住い」の正しい読み方は「かりずまい」です。

「仮」「か」とも読めますが、「仮住い」の場合は「かり」と読みます。

「仮住い」「かすまい」ではなく、「かりずまい」と読むようにしましょう。

「仮住い」の意味

「仮住い」とは、一時的に住むことや、その仮の家のことを言います。

「仮住い」「仮」は、「かり」「一時的」「かりに」などを意味しています。

また「住」は、「すむ」「とどまる」「すまい」などを表しています。

そのため、「仮住い」は漢字の意味から見ると、「仮の住まい」と言う意味合いになります。

「仮住い」の言葉の使い方や使われ方

・『家を建て替え中なので、今はアパートに仮住いをしています』
・『仮住い用の良い物件がなかなか見つからずに、思ったよりも時間がかかりました』
・『今は帰国したばかりで、一時的に知人宅の別荘に仮住いをしています』

まとめ

「仮住い」と関連した語としては、「仮住居」「仮住まい」「借家住まい」などが挙げられます。

「仮住い」「かすまい」ではなく、「かりずまい」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました