「仮説」の読み方と意味とは?「かせつ」と「かりせつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「仮説」の読み方と意味とは? 読み方

物事を考えたり証明したりする時に重要なのが「仮説」です。

この言葉はどういったものを指し読み方は何が正しいのでしょうか。

今回は、「仮説」の正しい読み方と意味について解説します。

「仮説」の正しい読み方は「かせつ」と「かりせつ」どちら

「仮説」という言葉の読み方を漢字の読みを当てはめて考えると「かせつ」「かりせつ」の2つが浮かびます。

「かせつ」「かりせつ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「仮説」の正しい読み方は「かせつ」です。

「仮」には「仮想」【かそう】「仮託」【かたく】など「か」という読み方と、「仮縫」【かりぬい】「仮止め」【かりどめ】など「かり」という読み方があります。

「説」「説明」【せつめい】「解説」【かいせつ】など「せつ」と読みます。

それぞれの読み方を組み合わせてできる「かせつ」「かりせつ」のうち「仮説」の正しい読み方は「かせつ」です。

「仮説」の意味

「仮説」とは、「何かを説明するために立てられる仮の理屈」を指す言葉です。

まだ明らかになっていない物事や解明されていない理論を証明するためにはある理屈を仮定しそれを検証する形で証明するのが効果的です。

仮に立てた理屈がうまく説明できればそれが正しいことになり、うまく説明できず否定されれば可能性から排除できます。

物事を説明するための材料として仮に立てられる理屈や論理を指す言葉が「仮説」です。

仮説と検証を繰り返してさまざまな物事を解き明かしていく考え方を科学的思考といいます。

「仮説」の言葉の使い方や使われ方

・『仮説を検証する』
・『大胆な仮説を打ち立てる』
・『実験により仮説が証明された』

まとめ

「仮説」の正しい読み方は「かせつ」「かりせつ」とは読みません。

学問上重要な意味を持つ言葉なので正しい意味と読み方を憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました