「作詞」の読み方と意味とは?「さくし」と「さくうた」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「作詞」の読み方と意味とは? 読み方

音楽や楽曲の歌詞を作ることを表す言葉には「作詞」があります。

この記事では、「作詞」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「作詞」の正しい読み方は「さくし」と「さくうた」どちら

「作詞」の正しい読み方は「さくし」であり、「さくうた」とは読みません。

この言葉に使われている「作」は音読みで「さく」「さ」と読み、訓読みは「作る」「つくる」と読みます。

「詞」は音読みで「し」と読み、訓読みは「ことば」と読みます。

正しい読み方の結論

「作詞」の正しい読み方は「さくし」であり、「さくうた」は間違いです。

「作詞」の意味

「作詞」とは音楽や楽曲の歌詞を作る時に使う言葉であり、これのみを専門で作る人は「作詞家」と表します。

楽曲は様々な要素によって構成されており、音楽の部分を作ることは「作曲」という言葉で表現されます。

「作曲」は英語で「コンポーザー」であり、専門で作る人のことは「作曲家」と表します。

「作曲家」は基本的に音楽を生業としている人が多く、「作詞家」は歌詞を書くという性質から他の詩人、小説家、歌手、作家を兼業している人も多く存在します。

「作詞」の言葉の使い方や使われ方

・『あのアイドルが作詞した曲は大きなヒットを生み出しました』
・『作詞家になりたいと思っているので、世界各地の曲をたくさん聴いています』
・『原作小説家が作詞担当ということもあり、テーマソングとして完成度が高くなりそうだ』

まとめ

「作詞」とは楽曲の歌詞を作る時に使う言葉であり、優れた「作詞家」は人を感動させたり共感するような歌詞を作り上げます。

「作詞」「作曲」がセットになり楽曲が生まれますが、中にはこの2つを一緒に行う音楽家も存在します。

タイトルとURLをコピーしました