「価格」の読み方と意味とは?「かかく」と「くかく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「価格」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「価格」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「価格」の正しい読み方は「かかく」と「くかく」どちら

「価格」「価」は、音読みで「カ」、訓読みで「あたい」と読みます。

また「格」は、音読みで「カク」「コウ」「キャク」「ゴウ」、訓読みで「いた(る)」「ただ(す)」「う(つ)」となります。

「価」「格」を音読みにすると、「かかく」と読むことができます。

しかし、「価」「く」とは読まないので、「くかく」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「価格」の正しい読み方は「かかく」です。

「価」「か」とは読めますが、「く」とは読みません。

「価格」「くかく」ではなく、「かかく」と読むようにしましょう。

「価格」の意味

「価格」とは、物品の価値を金額で表示したもののことを言います。

「価格」「価」は、「あたい」「値段」「価値」などを意味しています。

また「格」は、「きまり」「基準」「いたる」などを表しています。

そのため、「価格」は漢字の意味から見ると、「価値の基準」と言う意味合いになります。

「価格」の言葉の使い方や使われ方

・『この店は他店に比べると、多くの商品の価格が安いようです』
・『来月から多くの食品の価格が上がる予定です』
・『この野菜は国産よりも、海外産の方が価格が安い』

まとめ

「価格」と関連した語としては、「値段(ねだん)」「値(あたい)」「相場(そうば)」「料金(りょうきん)」、あるいは「代金(だいきん)」などが挙げられます。

「価格」「くかく」ではなく、「かかく」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

言葉の読み方や意味を知り、適切に使っていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました