「俯瞰」の読み方と意味とは?「ふかん」と「ふびん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「俯瞰」の読み方と意味とは? 読み方

ものの見方を表す言葉として「俯瞰」という表現があります。

この言葉は具体的にどのような見方のことでどう読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「俯瞰」の正しい読み方と意味について解説します。

「俯瞰」の正しい読み方は「ふかん」と「ふびん」どちら

「俯瞰」という言葉の読み方としては「ふかん」「ふびん」の2つが考えられます。

「ふかん」「ふびん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「俯瞰」の正しい読み方は「ふかん」です。

「俯」「俯角」【ふかく】「俯伏」【ふふく】など「ふ」と読み、「瞰」「瞰視」【かんし】「鳥瞰」【ちょうかん】など「かん」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせた「ふかん」「俯瞰」の正しい読み方です。

「瞰」「びん」という読み方はないので「ふびん」は間違った読み方です。

「俯瞰」の意味

「俯瞰」とは、「高所から見下ろすこと」を意味する言葉です。

高いところから低いところを見下ろすように眺めることを指します。

「俯瞰」「俯」には顔を下に向けてうつむくという意味があり「瞰」は上から下を見るという意味を持ちます。

高いところから顔を下に向けて覗き込むように見る行為が「俯瞰」であり、ビルの屋上から街並みを眺めるような様子を表す時に使う言葉です。

比喩的な意味合いで物事を近視眼的に見るのではなく離れた視点に立ち大局的に見ることを指して「俯瞰」と表現する使い方もあります。

「俯瞰」の言葉の使い方や使われ方

・『天守閣から城下町を俯瞰する』
・『俯瞰で見ると街の広がりがよくわかる』
・『俯瞰で描かれた地図』

まとめ

「俯瞰」の読み方は「ふかん」であり「ふびん」は間違った読み方です。

日常会話でも使うことがある言葉なので正しい意味と読み方を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました