「優位」の読み方と意味とは?「ゆうい」と「やさい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「優位」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「優位」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「優位」の正しい読み方は「ゆうい」と「やさい」どちら

優位の漢字を見て、やさいと読んでしまう人も中にはいるものです。

確かに優の漢字は、優しいという言葉を目にすれば分かる様に、やさという読みがあるし、位の漢字も、順位という言葉の様に、いという読みがあります。

そのためその2つの漢字の読みを合わせて、優位をやさいと読んでしまうのです。

所が優位の漢字を、やさいと読むのは完全に誤りで、ゆういと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

優位は、ゆういと読むのが正解な言葉です。

というのも優の漢字は、やさ以外にも優秀という言葉の様に、ゆうという読みがある上に、位の漢字も前記した様にそのまま、いと読む事が出来ます。

以上の事から、優の漢字のゆう読みと、位の漢字のい読みとを組み合わせる事で、優位の漢字は、ゆういと読む事が可能となるのです。

「優位」の意味

優位は、他より勝るやすぐれるといった意味を持つ優の漢字に、ちい等の意味を有する位の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ優位は、他よりも位置や地位等が勝る事を表すのです。

「優位」の言葉の使い方や使われ方

・『試合の序盤はうちのチームが優位に立っていました』
・『ITの分野では、日本よりもアメリカ企業の方が断然優位です』
・『この商品がヒットした事で、我が社は市場での優位性を確立しました』

まとめ

優の漢字には、やさという読みがあるし、位の漢字には、いという読みが存在しています。

ですがそれら2つの漢字の読みを繋げて、優位をやさいと読んでしまうのは間違いです。

優位の漢字は、やさいではなく、ゆういと読むべき言葉となっています。

そんな優位は、地位や位置が他よりも勝っているといった意味の言葉として使われているのです。

タイトルとURLをコピーしました