「兄貴」の読み方と意味とは?「あにき」と「けいき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「兄貴」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「兄貴」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「兄貴」の正しい読み方は「あにき」と「けいき」どちら

「兄貴」の読み方として予想できるものに、「あにき」「けいき」があります。

「あにき」「けいき」の二つの読み方のうち、「兄貴」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「兄貴」の正しい読み方の結論は、「あにき」が正しい読み方になります。

「兄貴」の名詞で使用されている「兄」という漢字の音読みは「キョウ・ケイ」、訓読みは「あに」です。

ただし「兄貴」という言葉では、「あに」の訓読みが採用されて「あにき」と読むのが正しい読み方です。

「兄貴」の言葉を「けいき」と読むのは、明らかな読み間違えということになってしまうのです。

「兄貴」の意味

「兄貴」の意味は、「兄に対して尊敬の念を込めて呼ぶ言葉+兄に親しみの思いを込めて呼ぶ言葉」を意味しています。

また「血縁関係のある兄」を指すだけではなく、「兄貴分」といった意味合いでも使われることがあります。

その場合の「兄貴」の意味は、「ヤクザ(極道)・職人集団・若者集団において、自分よりも上の立場であると認めた上下関係のある相手」といった意味になります。

「兄貴」の言葉の使い方や使われ方

「兄貴」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『仲の良かった兄貴がいたのですが、家庭の事情があって16歳の頃に生き別れになりました』
・『病気で亡くなってからも、優しかった兄貴のことを思い出さない日は一日たりともないくらいなのです』
・『上下の厳しい極道の世界では兄貴分のいうことは絶対であり、弟が兄貴に逆らって行動することはあってはならないとされます』

まとめ

この記事では、「兄貴」の正しい読み方「あにき」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「兄貴」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました