「全権」の読み方と意味とは?「ぜんけん」と「ぜんげん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「全権」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「全権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「全権」の正しい読み方は「ぜんけん」と「ぜんげん」どちら

「全権」「全」は、音読みで「ゼン」「セン」、訓読みで「すべ(て)」「まった(く)」と読みます。

また「権」は、音読みで「ケン」「ゴン」、訓読みで「いきお(い)」「おもり」「はか(る)」「かり」となります。

「全」「権」を音読みにすると、「ぜんけん」と読むことができます。

しかし、「権」「げん」とは読まないので、「ぜんげん」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「全権」の正しい読み方は「ぜんけん」です。

「権」「けん」とは読めますが、「げん」とは読みません。

「全権」「ぜんげん」ではなく、「ぜんけん」と読むようにしましょう。

「全権」の意味

「全権」とは、委任された事柄を処理するいっさいの権限のことを言います。

または、完全な権力のことを表しています。

「全権」「全」は、「まったく」「すべて」「みな」などを意味しています。

また「権」は、「おもり」「はかり」「はかりごと」「力」などを表しています。

そのため、「全権」は漢字の意味から見ると、「全てのはかりごと」と言う意味合いになります。

「全権」の言葉の使い方や使われ方

・『彼らは組織の全権を委任されてここにやってきています』
・『彼は国家の全権の一人として、精力的に活動しています』
・『ここまで来たら、彼らに全権を委ねるしかないでしょう』

まとめ

「全権」と関連した語としては、「全権委員(ぜんけんいいん)」「特命全権大使(とくめいぜんけんたいし)」「全権公使(ぜんけんこうし)」「日本全権(にほんぜんけん)」、あるいは「全権委任法(ぜんけんいにんほう)」などが挙げられます。

「全権」「ぜんげん」ではなく、「ぜんけん」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました