「円滑」の読み方と意味とは?「えんかつ」と「えんこつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「円滑」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「円滑」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「円滑」の正しい読み方は「えんかつ」と「えんこつ」のどらら

相手と問題を起こさないようスムーズに物事を進めることを「円滑」【えんかつ】といいます。

角が立たないよう相手に意見を合わせたり、行動を共にして目的に向かって突き進むといったときよく使われている言葉です。

人間関係においては、いかに「円滑」な付き合いが大事になるかを表し、夫婦や上司と部下などお互いの意見を聞き、受け入れて喧嘩にならないように付き合うことが求められます。

正しい読み方の結論

音読みで「円」「エン」と読み、「滑」「カツ」といい「えんかつ」になります。

「円」はまるいや円形を表し、「滑」はなめらかやすべるという意味があります。

この2つの漢字を掛け合わせたとき、かどばらずなめらかにいくといった意味合いになるわけです。

「えんこつ」で変換しても「円滑」とは出ないため、一般的な読み方は「えんかつ」の方が正しい読み方になります。

「円滑」の意味

意見が対立したり、違う行動を見せることなくみなが同じように行動し、話をしていくことを「円滑」といいます。

例えば、会議で衝突することなく最後まで和やかな雰囲気で進めたり、イベントするときは問題なく最後まで進められるよう念入りな準備して、人々が協力し合うことが「円滑」に行うという意味になるのです。

「円滑」の言葉の使い方や使われ方

・『工場での効率を上げるには、円滑な操作が求められる』
・『結婚生活を長続きさせるには、円滑な夫婦関係を築くこと』
・『社員が前もって話し合いをしていたため、会議は円滑に進んだ』

まとめ

工場での作業や人間関係において「円滑」に進めることはいかに大事かを表せるのがこの言葉です。

状況に応じて、自分なりに言葉をうまく使ってみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました