「冊数」の読み方と意味とは?「さっすう」と「さつすう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「冊数」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「冊数」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「冊数」の正しい読み方は「さっすう」と「さつすう」どちら

「冊数」「冊」は、音読みで「サツ」「サク」、訓読みで「た(てる)」「ふみ」と読みます。

また「数」は、音読みで「スウ」「ス」、訓読みで「かず」「かぞ(える)」などとなります。

「冊」「数」を音読みにすると、「促音化(そくおんか)」「さっすう」と読むことができます。

一方、「さつすう」も音読みで読めますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「冊数」の正しい読み方は「さっすう」です。

「促音化」とは、日本語の発音で、「っ」で表される表現のことを意味しています。

「冊数」「さつすう」ではなく、「さっすう」と読むようにしましょう。

「冊数」の意味

「冊数」とは、書物、ノートなどの数のことを言います。

「冊数」「冊」は、「書物」「ふみ」「文書」などを意味しています。

また「数」は、「かず」「ものの量」などを表しています。

そのため、「冊数」は漢字の意味から見ると、「書物の数」と言う意味合いになります。

「冊数」の言葉の使い方や使われ方

・『社内に配布する書物の冊数を数える』
・『この書籍は一人一冊と冊数が決められています』
・『ここにある民俗資料の書物の冊数を調べる』

まとめ

書籍などを数える言葉には「冊数」の他にも、「部数」があります。

「部数」は出版社の発行数や、印刷所が印刷した数量などを指しています。

そのため、「部数」の場合は、本などの冊子だけではなく、ポスターやチラシなどの一枚紙も含まれています。

「冊数」「さつすう」ではなく、「さっすう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました