「分割」の読み方と意味とは?「ぶんかつ」と「ふんかつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「分割」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「分割」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「分割」の正しい読み方は「ぶんかつ」と「ふんかつ」どちら

「分割」には2つの読み方があります。

1つ目は「ぶわり」で、音訓読みになります。

音読みと訓読みが組み合わさった読み方で、「重箱読み」とも言います。

「じゅう」は音読み、「ばこ」は訓読みであるからです。

2つ目は「ぶんかつ」で、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「分」の音読みは「ぶん・ふん・ふ」、訓読みは「わ(ける)・わ(かれる)・わ(かる)・わ(かつ)」「割」の音読みは「かつ」、訓読みは「わ(る)・わり・わ(れる)・さ(く)」です。

「分割」と表記する場合「ふんかつ」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「分割」の正しい読み方は「ぶわり」「ぶんかつ」の2つで、読み方により意味が違ってきます。

「ぐんかつ」とは読みません。

「分割」の意味

「分割」の読み方による意味の違いは以下の通りです。

「ぶわり」と読む場合、「ある数と他の数とを比較した度合い」という意味です。

「ぶんかつ」と読む場合「一つのものをいくつかに切り離すこと」という意味です。

「分」「全体をいくつか別々にする」という意味、「割」「刃物で切りさく」「一部を切り離す」という意味、「分割」「全体を幾つかにわって別々にすること」になります。

「分割」の言葉の使い方や使われ方

「分割」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『高級車を分割払いで購入する』
・『親の遺産を兄弟で分割する』
・『土地を分割して所有する』

まとめ

今回は「分割」の読み方について紹介しました。

「分割」の正しい読み方は「ぶわり」「ぶんかつ」の2つで、「ふんかつ」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました