「創元」の読み方と意味とは?「そうげん」と「そうもと」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「創元」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「創元」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「創元」の正しい読み方は「そうげん」と「そうもと」どちら

「創元」の読み方として考えられるものに、「そうげん」「そうもと」があります。

「そうげん」「そうもと」の二つの読み方のうち、「創元」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「創元」の正しい読み方の結論は、「そうげん」が正しい読み方になります。

「創元」の造語に使われている「元」という漢字の音読みは「ゲン・ガン」で、訓読みは「もと」です。

「創元」の言葉において「元」は音読みの「ゲン」で読み、「もと」と訓読みすることは通常ありません。

特に会社名・組織名に採用されている「創元」「そうげん」と読み、「そうもと」と読むのは明らかな読み間違えになるのです。

「創元」の意味

「創元」は国語辞典などには掲載されていない造語であり、主に会社名・団体名として使われているケースが多くなっています。

「創元」には辞書的に定義された意味はありませんが、「大元になるものを創造する・根本的な価値あるものを創り出す」といった意味があると推測されます。

「創元」の言葉の使い方や使われ方

「創元」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『創元社というと一般的には、ミステリー小説の文庫本で有名な東京創元社を指していることが多いのです』
・『ワクワクするような事件の謎解き要素が好きだったので、高校生の頃まで創元推理文庫を愛読していました』
・『東京創元社が出版したミステリーには国内の作家だけではなく、アガサ・クリスティーやアシモフのような海外の著名作家も含まれます』

まとめ

この記事では、「創元」の正しい読み方「そうげん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「創元」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました