「創刊」の読み方と意味とは?「そうかん」と「しょうかん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「創刊」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「創刊」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「創刊」の正しい読み方は「そうかん」と「しょうかん」どちら

創刊の漢字を見た人の中には、しょうかんと読んでしまう人もいたりするものです。

ただし後ろの刊の漢字は、刊行といった言葉を見れば分かる様に、かんという読みがありますが、前の創の漢字には、しょうという読みはありません。

そのため創刊は、しょうかんと読む事さえ不可能であり、この様な読み方をするのは間違いです。

創刊の漢字は、しょうかんではなく、そうかんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

創刊は、そうかんと読むべき言葉です。

そもそも創の漢字は、創立といった言葉の様に、そうという読みを持っている上に、後に続く刊の漢字はそのまま、かんという読みがあります。

だからこそ、創の漢字のそう読みと、刊の漢字のかん読みとを繋げる事により、創刊の漢字は、そうかんと読めるのです。

「創刊」の意味

創刊は、初めて作り出すといった意味を持っている創の漢字に、書物を出版するといった意味を所有する刊の漢字を付け加える事で完成した言葉となっています。

以上の事から創刊は、新聞や雑誌といった定期刊行物を新たに出版する事を示すのです。

「創刊」の言葉の使い方や使われ方

・『この新聞は創刊20周年を迎えたそうです』
・『編集者の彼は新たな雑誌を創刊するという夢を持っています』
・『これはうちの会社が社運を賭けて創刊した雑誌です』

まとめ

創の漢字には、しょうという読み自体が存在しません。

なので創刊を、しょうかんと読む事さえ出来ないので、そういった読み方をするのは誤りです。

創刊は、しょうかんではなく、そうかんと読むのが正解な言葉となっています。

そんな創刊は、雑誌や新聞といった定期刊行物を新たに出版するといった意味を表す際に、使われる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました