「創業」の読み方と意味とは?「そうぎょう」と「そうごう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「創業」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「創業」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「創業」の正しい読み方は「そうぎょう」と「そうごう」どちら

創業の漢字表記を見た人の中には思わず、そうごうと読んでしまう人もいるものです。

確かに創の漢字は、創作といった言葉の様に、そうという読みがあるし、後ろの業の漢字も、悪業といった言葉を見れば分かる様に、ごうという読みを持っています。

お陰でそれら2つの漢字の読みを繋げて、創業を、そうごうと読んでしまうのです。

所が創業を、そうごうと読むのは誤りで、そうぎょうと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

創業は、そうぎょうと読むのが正解な言葉です。

というのも創の漢字は前記した様に、そうという読みを持っている上に、後に続く業の漢字はごう以外にも、業績といった言葉の通り、ぎょうという読みを持っています。

以上の事から、創の漢字のそう読みと、業の漢字のぎょう読みとを組み合わせる事により、創業の漢字は、そうぎょうと読む事が可能です。

「創業」の意味

創業は、はじめるや初めて作り出すといった意味がある創の漢字に、生活のために行う仕事とか行いといった意味を有する業の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ創業は、事業を始める事を表すのです。

「創業」の言葉の使い方や使われ方

・『このデパートが創業して100年になります』
・『彼こそがこの会社の創業者です』
・『うちの会社は創業20年目で初めて赤字に転落しました』

まとめ

創の漢字には、そうという読みがあるし、業の漢字には、ごうという読みはあります。

ですがその2つの漢字の読みを合わせて、創業を、そうごうと読むのは間違いです。

創業の漢字は、そうごうではなく、そうぎょうと読むべき言葉となっています。

更にそんな創業は、店や会社を新しく興すといった意味に使用されるのです。

タイトルとURLをコピーしました