「動乱」の読み方と意味とは?「どうらん」と「うごらん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「動乱」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「動乱」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「動乱」の正しい読み方は「どうらん」と「うごらん」どちら

「動」という漢字は訓読みでは「動(うご)く」「動(やや)もすれば」と読み、音読みでは「どう」「とう」と読みます。

そして、「乱」という漢字は訓読みでは「乱(みだ)れる」と読み、音読みでは「らん」「ろん」と読みます。

「動乱」の場合、「動」「乱」それぞれに音読みを当て、「どうらん」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「動乱」の正しい読み方は「どうらん」になります。

「動乱」の意味

「動乱」とは、「世の中が動揺して乱れること」「暴動などの騒ぎ」などを意味する言葉です。

「動乱」の類義語には「戦乱(せんらん)」「兵乱(へいらん)」などがあります。

「動」という漢字には「うごく」「うごかす」「働き」「振る舞う」という意味のほか、「驚く」「心がときめく」、そして、「乱れる」「騒ぐ」という意味が含まれています。

「乱」「みだす」「みだれる」「むやみに」「みだりに」という意味のほか、「騒ぎ」「いくさ」という意味が含まれる漢字です。

「動乱」を英語に訳すと「大荒れ」「社会的不穏」などの意味を含める“turbulence”「騒動」「障害」などの意味を含める“disturbance”などで表現されます。

「動乱」の言葉の使い方や使われ方

・『戦国時代は群雄割拠する動乱の時代であった』
・『黒船の来航により、300年続く江戸時代に動乱の波が押し寄せていた』
・『動乱の最中、彼らは命からがら生き延びた』

まとめ

「動乱」の正しい読み方は「どうらん」になります。

「動乱」とは、「世の中が動揺して乱れること」「暴動などの騒ぎ」などを意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました