「勤行」の読み方と意味とは?「ごんぎょう」と「きんぎょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「勤行」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「勤行」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「勤行」の正しい読み方は「ごんぎょう」と「きんぎょう」どちら

「勤行」「ごんぎょう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「勤」の音読みは「きん・ごん」、訓読みは「つと(める)・つと(まる)・いそ(しむ)」「行」の音読みは「こう・ぎょう・あん」、訓読みは「い(く)・ゆ(く)・おこな(う)・や(る)・みち」です。

「勤行」と表記する場合「きんぎょう」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「勤行」の正しい読み方は「ごんぎょう」です。

「きんぎょう」とは読みません。

「勤行」の意味

「勤行」の意味は、「仏教用語で一生懸命修行すること」「仏前で、一定の時刻に必ず読経や供養などをすること」です。

「勤行」は仏教用語で「毎日仏前で読経したり、手を合わせて故人を供養したりすること」という意味です。

一般家庭に広まり、次第に転じて「仏壇の前でお経を読んだり、頭を下げること」として使われています。

「勤行」の内容は宗派によって違いますが、仏教徒として一生懸命修行することに違いありません。

「勤行」の言葉の使い方や使われ方

「勤行」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『真言宗の教えに従い勤行に励む』
・『祖母は敬虔な仏教徒で毎日勤行を行っている』
・『自分の死後を考えてこれからは毎日勤行にいそしもうと思う』

まとめ

今回は「勤行」の読み方について紹介しました。

「勤行」の正しい読み方は「ごんぎょう」で、「きんぎょう」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました