「占星術」の読み方と意味とは?「せんせいじゅつ」と「うらせいじゅつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「占星術」の読み方と意味とは? 読み方

「占星術」とはどのような意味を持ち何と読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「占星術」の正しい読み方と意味について解説します。

「占星術」の正しい読み方は「せんせいじゅつ」と「うらせいじゅつ」どちら

「占星術」の読み方として「せんせいじゅつ」「うらせいじゅつ」が考えられます。

「せんせいじゅつ」「うらせいじゅつ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「占星術」の正しい読み方は「せんせいじゅつ」です。

「占」には「占有」【せんゆう】「独占」【どくせん】など「せん」という読み方と、「占形」【うらかた】「辻占」【つじうら】など「うら」という読み方があります。

「星」「せいざ」【せいざ】「惑星」【わくせい】など「せい」と読み、「術」「術法」【じゅつほう】「魔術」【まじゅつ】など「じゅつ」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「せんせいじゅつ」「うらせいじゅつ」の2つのうち「占星術」の正しい読み方は「せんせいじゅつ」です。

「占星術」の意味

「占星術」とは、「星の配置や運行を見て行われる占い」を意味する言葉です。

さまざまな物事を手がかりに未来を予想する技術のことを「占い」と言います。

占いの中でも夜空に浮かぶ星を手がかりに行われるものが「占星術」です。

星の動きを運命と結びつける考え方は非常に古いもので古代エジプトではすでに広く行われていました。

現在でも占いの中ではメジャーな部類に入ります。

「占星術」の言葉の使い方や使われ方

・『占星術で未来を占う』
・『科学的根拠のない占星術など信じるに値しない』
・『占星術の結果は散々な内容だった』

まとめ

「占星術」の正しい読み方は「せんせいじゅつ」「うらせいじゅつ」と読むのは誤りです。

占い好きは特に女性に多いので間違いのないよう正しい読み方と意味を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました