「厚着」の読み方と意味とは?「あつぎ」と「あつちゃく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「厚着」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「厚着」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「厚着」の正しい読み方は「あつぎ」と「あつちゃく」どちら

「厚着」「厚」は、音読みで「コウ」、訓読みで「あつ(い)」と読みます。

また「着」は、音読みで「チャク」「ジャク」、訓読みで「き(せる)」「き(る)」「つ(く)」「つ(ける)」となります。

「厚」「着」を訓読みにすると、連濁で「あつぎ」と読むことができます。

一方、「厚」を訓読み、「着」を音読みにすると、「あつちゃく」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「厚着」の正しい読み方は「あつぎ」です。

「着」「ちゃく」とも読めますが、「厚着」の場合は「ぎ」と読みます。

「厚着」「あつちゃく」ではなく、「あつぎ」と読むようにしましょう。

「厚着」の意味

「厚着」とは、衣服をたくさん重ねて着ることを言います。

「厚着」「厚」は、「あつい」「ぶあつい」「重い」などを意味しています。

また「着」は、「きる」「つく」「ちゃく」などを表しています。

そのため、「厚着」は漢字の意味から見ると、「厚く着る」と言う意味合いになります。

「厚着」の言葉の使い方や使われ方

・『今日はかなり冷え込むようなので、厚着をして出かけます』
・『私は寒がりなので、人よりも厚着をしています』
・『冬でも部屋の中は暖かいので、厚着だと暑く感じます』

まとめ

「厚着」と関連した語としては、「重ね着(かさねぎ)」「着込(きご)み」「着膨(きぶく)れ」、あるいは「薄着(うすぎ)」などが挙げられます。

「厚着」「あつちゃく」ではなく、「あつぎ」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

言葉の読み方や意味を知り、適切に使っていきたいものです。

タイトルとURLをコピーしました