「厳然」の読み方と意味とは?「げんぜん」と「がくぜん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「厳然」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「厳然」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「厳然」の正しい読み方は「げんぜん」と「がくぜん」どちら

厳然の漢字表記を目にした人の中には、がくぜんと読む人もいたりするものです。

ただし後ろの然の漢字は、自然といった言葉を見れば分かる様に、ぜんという読みを持っていますが、前の厳の漢字には、がくという読みはありません。

そのため厳然の漢字は、がくぜんと読む事すら出来ないので、この様な読み方をするのは誤りです。

厳然は、がくぜんではなく、げんぜんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

厳然は、げんぜんと読むのが正解な言葉です。

というのも厳の漢字は、厳格といった言葉を見れば理解出来る様に、げんという読みがある上に、後に続いている然の漢字は普通に、ぜんと読む事が出来ます。

以上の事から厳の漢字の、げん読みと、然の漢字に、ぜん読みとを組み合わせて、げんぜんと読む事が可能です。

「厳然」の意味

厳然は、おごそかやいかめしいといった意味がある厳の漢字に、その通りや他の語に付ける事で状態を表す語といった意味を有する然の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ厳然は、いかめしく厳かな様子といった意味を、表現するのです。

「厳然」の言葉の使い方や使われ方

・『この状況では厳然と対処する事が望ましいです』
・『彼女の訴えには厳然たる証拠という部分が欠けていました』
・『彼は上司相手でも、厳然とした態度で異論を述べたのです』

まとめ

厳の漢字には、がくという読み自体が存在していません。

お陰で厳然は、がくぜんと読む事すら不可なので、当然ですがこの読み方は間違いです。

厳然は、がくぜんではなく、げんぜんと読むべき言葉となっています。

そんな厳然は、威厳のある様子やいかめしく厳かな様といった意味を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました