「厳達」の読み方と意味とは?「げんたつ」と「がんたつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「厳達」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「厳達」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「厳達」の正しい読み方は「げんたつ」と「がんたつ」どちら

「厳」という漢字は訓読みでは「厳しい」「厳(おごそ)か」「厳(いかめ)しい」「厳(いか)つい」と読み、音読みでは「げん」「ごん」と読みます。

そして、「達」という漢字は訓読みでは「たち」「たし」「達(とお)る」「達(とど)く」と読み、音読みでは「たつ」「たち」「だち」と読みます。

「厳達」の場合、「厳」「達」それぞれに音読みを当てるのですが、「厳」「がん」と読む用法はないので、「げんたつ」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「厳達」の正しい読み方は「げんたつ」になります。

「厳達」の意味

「厳達」とは、「厳しく言い渡すこと」「厳重に通達すること」を意味する言葉です。

「厳」という漢字には「きびしい」「おごそか」「いかめしい」「おかしがたい」などの意味が含まれています。

そして、「達」「道が通じる」「成し遂げる」「届く」「届ける」「物事によく通じる」などの意味のほか、「通知」「命令」という意味も含まれる漢字です。

したがって、「厳達」は読んで字のごとく「厳しく通知すること」を表した言葉と言えます。

「厳達」の言葉の使い方や使われ方

・『上層部より新たな規約が厳達された』
・『安全管理のため、部下たちにルールの遵守を厳達した』
・『これから厳達される規則には新規の内容や改訂された内容が含まれる』

まとめ

「厳達」の正しい読み方は「げんたつ」になります。

「厳達」とは、「厳しく言い渡すこと」「厳重に通達すること」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました