「収支」の読み方と意味とは?「しゅうし」と「おさし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「収支」の読み方と意味とは? 読み方

収入と支出を合わせた言葉には「収支」があります。

この記事では、「収支」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「収支」の正しい読み方は「しゅうし」と「おさし」どちら

「収支」の正しい読み方は「しゅうし」であり、「おさし」とは読みません。

この言葉に使われている「収」は音読みで「しゅう」と読み、訓読みは「収める」「おさめる」「収まる」「おさまる」と読みます。

「支」は音読みで「し」と読み、訓読みは「支える」「ささえる」と読みます。

正しい読み方の結論

「収支」の正しい読み方は「しゅうし」であり、「おさし」は間違いです。

「収支」の意味

「収支」とは収支と支出を合わせた言葉であり、個人の家計簿から企業の経理まで様々な場面で使われています。

収入は労働の対価として手に入れるものが多く、賃金から物品まで様々な形態が存在します。

支出は購入やサービスの利用に対して使う金銭や物品を示す言葉です。

「収支」は収入と支出を合わせた言葉であり、最近では色々な形態の収入と支出が増えてきました。

このように複雑化する「収支」の管理に対して最近ではデジタル化の手法やアプリを利用する人も増えてきました。

「収支」の言葉の使い方や使われ方

・『収支決算書を提出しました』
・『収支が合わないと思っていたら、クレジットの不正利用が発覚しました』
・『貿易収支を巡る問題について研究しています』

まとめ

「収支」とは収入と支出を合わせた言葉であり、色々な場面で使われています。

好景気の場合には「収支」が安定することが多いのですが、不景気になると「収支」が不安定になり、様々な金銭トラブルが発生します。

現代では手元にお金がなくてもクレジットカードやキャッシングを使うことが可能ですが、支払い管理をしっかりしないと「収支」が不安定になるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました