「口紅」の読み方と意味とは?「くちべに」と「こうべに」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「口紅」の読み方と意味とは? 読み方

「口紅」は女性にとってなくてはならないアイテムのひとつです。

具体的にはどのようなものを指し読み方は何が正しいのでしょうか。

今回は、「口紅」の正しい読み方と意味について解説します。

「口紅」の正しい読み方は「くちべに」と「こうべに」どちら

「口紅」の読み方を漢字の読みから推測すると「くちべに」「こうべに」の2つに候補が絞られます。

「くちべに」「こうべに」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「口紅」の正しい読み方は「くちべに」です。

「口」には「口笛」【くちぶえ】「薄口」【うすくち】など「くち」という読み方と、「口頭」【こうとう】「閉口」【へいこう】など「こう」という読み方があります。

「紅」「紅花」【べにばな】「食紅」【しょくべに】など「べに」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「くちべに」「こうべに」の2つうち「口紅」の正しい読み方は「くちべに」です。

「口紅」の意味

「口紅」とは、「唇に色をつける化粧品」です。

顔を美しく見せるために色を塗ったり線を書いたりして装うことを「化粧」といい、塗ったりまぶしたりして化粧に使うものを「化粧品」といいます。

化粧品の中でも唇に色をつけるために使うものが「口紅」です。

元々は唇を赤く見せるための紅色が主流でしたが、今はオレンジやパープルなどさまざまなな色のものが使われています。

「口紅」の言葉の使い方や使われ方

・『赤い口紅を塗る』
・『新色の口紅を購入する』
・『マスクをつけっぱなしなので口紅は塗っていない』

まとめ

「口紅」の読み方は「くちべに」が正しく「こうべに」は誤った読み方です。

紅色以外のものも含む言葉であり他の色でも口青や口紫とは呼ばずすべて「口紅」といいます。

常識として誰もが知っているレベルの言葉なので憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました