「可視」の読み方と意味とは?「かし」と「かっし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「可視」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「可視」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「可視」の正しい読み方は「かし」と「かっし」どちら

「可視」の読み方として予測できるものに、「かし」「かっし」があります。

「かし」「かっし」の二つの読み方のうち、「可視」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「可視」の正しい読み方の結論は、「かし」が正しい読み方になります。

「可視」の言葉で使われている「視」の漢字は、音読みで「シ」と読み、訓読みで「みる」と読みます。

「可視」の読み方は「可」「視」の漢字をそのまま音読みする「かし」であり、「かっし」という促音便化する読み方はしません。

そのため、「可視」「かっし」と読むのは明らかな読み間違えになってしまうのです。

「可視」の意味

「可視」の意味は、「見ることができること・見えること」を意味しています。

「可視」「可」の漢字は「可能」の意味を持っていて「できること」を示しています。

「視」の漢字は「みること」の意味を持っています。

「可視」という言葉は、「人が肉眼で見ることができる」といった意味のニュアンスを帯びています。

「可視」の言葉の使い方や使われ方

「可視」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『即物的な現代社会では可視の世界しか信じない人が多数派ですが、私は目に見えない存在や価値も信じています』
・『人間が目で見ることができる可視光線の波長は、380~810nmの範囲に限定されています』
・『紫外線のように可視光線の波長から外れた光は、人の目では直接視認することはできません』

まとめ

この記事では、「可視」の正しい読み方「かし」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「可視」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました