「営造」の読み方と意味とは?「えいぞう」と「えいつくり」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「営造」の読み方と意味とは? 読み方

「営造」は建築や建設関連で使われる言葉です。

この言葉はどのような時に使い何と読めば正しい読み方になるのでしょうか。

今回は、「営造」の正しい読み方と意味について解説します。

「営造」の正しい読み方は「えいぞう」と「えいつくり」どちら

「営造」という言葉の読み方をそれぞれの漢字の読みから推察すると「えいぞう」「えいつくり」の2つが浮かびます。

「えいぞう」「えいつくり」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「営造」の正しい読み方は「えいぞう」です。

「営」「営業」【えいぎょう】「経営」【けいえい】など「えい」と読みます。

「造」「造形」【ぞうけい】「創造」【そうぞう】など「ぞう」と読むほか、「造酒屋」【つくりざかや】「造付」【つくりつけ】など「つくり」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせると「えいぞう」「えいつくり」になりますが「営造」の正しい読み方は「えいぞう」です。

「営造」の意味

「営造」とは、「大きな建造物を建てること」を意味する言葉です。

ビルや体育館など特に巨大な建物や施設を建てることを表し、一般的には自治体によって建てられる体育館など公的な大型建築物を建てるときに用いられる表現です。

国や公共団体によって建てられる公共のための施設を「営造物」といい、個人が建てる住宅や企業の社屋など公共の建築物以外に対して「営造」という言葉は基本的に使いません。

「営造」の言葉の使い方や使われ方

・『国によって営造されたビル』
・『営造物の管理は国や自治体の責任だ』
・『営造物の一斉点検を実施する』

まとめ

「営造」の読み方は「えいぞう」「えいつくり」は誤った読み方です。

日常会話ではほとんど使わない言葉ですが行政用語としては広く使われているので正しい読み方と意味を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました