「在処」の読み方と意味とは?「ありか」と「すみか」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「在処」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「在処」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「在処」の正しい読み方は「ありか」と「すみか」どちら

「在処」の読み方として推測できるものに、「ありか」「すみか」があります。

「ありか」「すみか」の二つの読み方のうち、「在処」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「在処」の正しい読み方の結論は、「ありか」が正しい読み方になります。

「在処」の言葉に含まれる「在」という漢字の訓読みは「ある・あり」で、音読みは「ザイ」です。

しかし、「在」の漢字の訓読みに「すむ」という読み方はありません。

そのため、「在処」「すみか」と読むのは、明らかな読み間違えとして判断することができるのです。

「在処」の意味

「在処」の意味は、「特定のものがあるところ」「特定の人がいるところ」を意味しています。

「在処」の古語における元々の読み方は「ありか」だけではなくて「ありが」という読み方であったと伝えられています。

「在処」の表現には、「モノが隠されている・人が隠れている」といったニュアンスもあります。

「在処」の言葉の使い方や使われ方

「在処」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『古代から近世にかけての宝物の在処についての伝説は多いのですが、現代で実際に見つかった事例はほとんどありません』
・『国会財政の危機に対して埋蔵金があるから大丈夫との反論が出ましたが、埋蔵金の在処はいつも曖昧なのです』
・『サンカと呼ばれていた山の民たちは、人里離れた山中を在処として素朴な暮らしを営んでいたとされます』

まとめ

この記事では、「在処」の正しい読み方「ありか」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「在処」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました