「在宅」の読み方と意味とは?「ざいたく」と「あるたく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「在宅」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「在宅」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「在宅」の正しい読み方は「ざいたく」と「あるたく」どちら

家にいることを「在宅」【ざいたく】といいます。

会社がないときは「在宅で過ごす」ことになり、家で食事したり、趣味するなどして過ごすわけです。

最近は「在宅勤務」といって、家でパソコンを使って書類作成したり、データ作成などをして、たまに出勤するという働き方が導入する企業が増えています。

正しい読み方の結論

音読みで「在」「ザイ」といい、「宅」「タク」と読みます。

「在」の意味は「いる」で、「宅」「住まい」となります。

もう一方の「あるたく」という言葉は漢字に変換できないように、日常生活ではほとんど使われていません。

そのため、「在宅」の正しい読み方は「ざいたく」の方が一般的です。

「在宅」の意味

家で人が過ごすことを「在宅」といい、主に、そこに住む住人が食事したり、風呂に入る、仕事するなどして生活する住まいという意味があります。

「在宅介護」では高齢者で足腰が弱いとか寝たきりであるため、要介護で人の手を借りて生活している状態と伝えられるのです。

「在宅中」といえば、今まさに自分の家にいるということを宅配会社に伝えれば、そのいる時間に再配達してくれます。

「在宅」の言葉の使い方や使われ方

・『在宅勤務を専門とする求人サイトで自分が求める仕事を探した』
・『在宅ワークではシール貼りやデータ入力が人気の仕事である』
・『長期に在宅勤務するコツは、ストレスとうまく付き合うこと』

まとめ

外出せずに、ずっと家の中にいることが増えている昨今、人はうまく一人で仕事することに慣れるため工夫を取り入れています。

どうしたらもっと「在宅」を有意義な時間にできるかを考えて、うまく生活してみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました