「型破り」の読み方と意味とは?「かたやぶり」と「かたちやぶり」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「型破り」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「型破り」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「型破り」の正しい読み方は「かたやぶり」と「かたちやぶり」どちら

常識ではないことを自らが率先してやってみせることを「型破り」【かたやぶり】といいます。

多くの人が実行する方法をあえて違ったやり方で実行するその考えと行動は人から見て破天荒であり、驚くことになるでしょう。

しかし、人を動かす原動力になることにもなるのです。

正しい読み方の結論

訓読みで「型」「カタ」といい、「破」「ヤブル」と読みます。

「型」「お手本」となり、「破り」「やぶれる」という意味で使う言葉です。

もう一方の「かたちやぶり」は漢字に正しく変換できないばかりか、一般的な読み方ではないため、「型破り」の正しい読み方は「かたやぶり」といった方が正しい読み方になります。

「型破り」の意味

普通の考え方する人のように、常識にとらわれず、自分がやってみたいと思う事柄に対して挑戦することに余念がありません。

周囲が驚くようなことにも平気で挑み、今までの古臭い型を破るように行動します。

このような人は斬新な発想力もあり、驚くようなアイデアを生み出しては社会に貢献する者になるのです。

型破りな挨拶といえば、礼儀を踏まえつつ冗談や衝撃的な考え方を取り入れて、おおいに人々を楽しませます。

「型破り」の言葉の使い方や使われ方

・『型破りな発想ができる姉は、その個性を活かして開発部で働く』
・『型破りな行動を見せる新入社員がいて、周囲を驚かせる』
・『彼女は型破りな人生を歩み、今では女社長として活躍する』

まとめ

今までにない発想したり、行動力を見せる個性的な者を「型破りな人」といって周囲は目を向けるわけです。

どうもいい発想が生まれない、行動ができないと思って悩むなら、型を破ってみるのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました