「夏夜」の読み方と意味とは?「かや」と「なつよ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「夏夜」の読み方と意味とは? 読み方

特定の時期と時間を指す言葉として「夏夜」という表現があります。

この言葉はどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「夏夜」の正しい読み方と意味について解説します。

「夏夜」の正しい読み方は「かや」と「なつよ」どちら

「夏夜」という言葉の読み方として「かや」「なつよ」のどちらかが当てはまりそうです。

「かや」「なつよ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「夏夜」の正しい読み方は「かや」です。

「夏」には「初夏」【しょか】「盛夏」【せいか】など「か」という読み方と、「夏物」【なつもの】「真夏」【まなつ】など「なつ」という読み方があります。

「夜」「夜会」【やかい】「今夜」【こんや】など「や」と読むほか、「夜桜」【よざくら】「闇夜」【やみよ】など「よ」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「かや」「なつよ」の2つのうち「夏夜」の正しい読み方は「かや」です。

「夏夜」の意味

「夏夜」とは、「夏の夜」を指す言葉です。

春夏秋冬に分かれる時期のうち最も暑い時期である夏の遅い時間を指します。

清少納言が枕草子で記した通り夏の夜は大変風情があり昔から素晴らしい時間であるとされてきました。

他の季節とは違い冷え込みが少なく月明かりやホタルなど他の季節にはない独特の楽しみがあるのが「夏夜」です。

具体的な時間の指定はありませんが一般的には日が暮れ始めてから日が昇るまでの時間帯が「夏夜」に当たります。

「夏夜」の言葉の使い方や使われ方

・『ホタルは夏夜の楽しみのひとつだ』
・『夏夜は蚊に刺されやすい』
・『暑くて寝苦しいので夏夜は嫌いだ』

まとめ

「夏夜」「かや」と読むのが正しく、「なつよ」と読むこともありますが正しい読み方ではありません。

あまり使われない表現ですが覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました