「外務」の読み方と意味とは?「がいむ」と「そとむ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「外務」の読み方と意味とは? 読み方

「外務」という言葉にはどのような意味があり何と読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「外務」の正しい読み方と意味について解説します。

「外務」の正しい読み方は「がいむ」と「そとむ」どちら

「外務」という言葉の読み方としては「がいむ」「そとむ」の2つが考えられます。

「がいむ」「そとむ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「外務」の正しい読み方は「がいむ」です。

「外」には「外部」【がいぶ】「店外」【てんがい】など「がい」という読み方と、「外側」【そとがわ】「大外」【おおそと】など「そと」という読み方があります。

「務」「勤務」【きんむ】「実務」【じつむ】など「む」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「がいむ」「そとむ」のうち「外務」の正しい読み方は「がいむ」です。

「外務」の意味

「外務」とは、「国政における外国関連の仕事」を意味する言葉です。

「外務」「外」はそこではない他の場所を指し、「務」は業務や実務など仕事を意味する言葉です。

そこではない他の場所に関係する仕事が「外務」に当たり一般的には国を基準にした時のそこではない他の仕事、つまり国の内側ではない外国に関係する仕事を表す意味で使う言葉です。

基本的には外交関連の仕事を表しますが、経理や総務など会社の中で働く仕事ではない営業活動や集金業務など社外の仕事を指す意味でも使われます。

「外務」の言葉の使い方や使われ方

・『外務を担当するのは外務省だ』
・『語学に堪能な議員を外務大臣に任命する』
・『外務は国政の重要事項である』

まとめ

「外務」の正しい読み方は「がいむ」「そとむ」と読むのは間違いです。

ニュースでもよく使われる言葉なので正しい読み方と意味を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました