「大号令」の読み方と意味とは?「だいごうれい」と「だいごうりょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「大号令」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「大号令」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「大号令」の正しい読み方は「だいごうれい」と「だいごうりょう」どちら

「大号令」「大」は、音読みで「タイ」「ダイ」、訓読みで「おお」「おお(きい)」などと読みます。

また「号」は、音読みで「ゴウ」「コウ」、訓読みで「さけ(ぶ)」「よびな」となります。

さらに「令」は、音読みで「レイ」「リョウ」、訓読みで「いいつけ」「おさ」などと読むことができます。

「大」「号」「令」をすべて音読みで読むと、「だいごうれい」になります。

一方、「だいごうりょう」もすべて音読みで読めますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「大号令」の正しい読み方は「だいごうれい」です。

「大号令」「だいごうりょう」ではなく、「だいごうれい」と読むようにしましょう。

「大号令」の意味

「大号令」とは、「勅令(ちょくれい)」を記した文書のことを言います。

日本での「勅令」は、天皇が法的に効力のある命令を発することを意味しています。

「大号令」「大」は、「おおきい」「おおいに」などを意味しています。

また「号」は、「さけぶ」「呼び名」などを表しています。

さらに「令」は、「いいつけ」「おさ」「よい」などの意味を持っています。

「大号令」の言葉の使い方や使われ方

・『「王政復古(おうせいふっこ)の大号令」とは、幕府を廃止し、天皇を中心とした明治新政府の設立を宣言したものを意味しています』
・『「王政復古の大号令」は、1867年12月9日に樹立しました』
・『多くの人たちが大号令が発せられるのを待ち望んでいました』

まとめ

「王政復古の大号令」は日本の歴史の中でも大きな出来事なので、知っておきたいものです。

「大号令」「だいごうりょう」ではなく、「だいごうれい」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました