「大汗」の読み方と意味とは?「おおあせ」と「おおあせ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「大汗」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「大汗」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「大汗」の正しい読み方は「おおあせ」と「たいかん」どちら

「大汗」の読み方として予想できるものに、「おおあせ」「たいかん」があります。

「おおあせ」「たいかん」の二つの読み方のうち、「大汗」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「大汗」の正しい読み方の結論は、「おおあせ」「たいかん」のどちらとも正しい読み方になります。

「大汗」は一般的な日本語としては、「おおあせ」と訓読みで読まれることが多くなっています。

「大汗」「大」「汗」を音読みする「たいかん」という読み方は、「モンゴル帝国皇帝に付与される称号」以外の意味では使われることはありません。

「大汗」の意味

「大汗(おおあせ)」の意味は、「大量の汗をかくことやその汗」を意味しています。

「大汗」「汗をかく量が多いこと」の意味ですが、その意味が転じて「たくさんの汗をかくほど働いたり苦労したりすること」の意味でも使われることがあります。

「大汗」「たいかん」と読むときは、「モンゴル帝国皇帝などの騎馬民族の大王のみが使用していた大ハーンの称号」を指しています。

「大汗」の言葉の使い方や使われ方

「大汗」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『会社から自宅までの10キロを真夏に自転車で帰ったときは、大汗をかいて疲れ切りました』
・『友人が奥さんに浮気をしていないことを示す嘘をついてくれと頼んできて、その友人のために大汗をかきました』
・『大汗という君主の称号は漢族の皇帝が使ったことはなく、モンゴルなど遊牧民族の大王が好んで使いました』

まとめ

この記事では、「大汗」の正しい読み方「おおあせ・たいかん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「大汗」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました