「奏者」の読み方と意味とは?「そうしゃ」と「もうすもの」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「奏者」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「奏者」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「奏者」の正しい読み方は「そうしゃ」と「もうすもの」どちら

「奏者」「奏」は、音読みで「ソウ」、訓読みで「かな(でる)」「すす(める)」と読みます。

また「者」は、音読みで「シャ」、訓読みで「もの」となります。

「奏」「者」は音読みで「そうしゃ」と読むことができます。

しかし、「奏」「もうす」とは読まないので、「もうすもの」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「奏者」の正しい読み方は「そうしゃ」です。

「奏」「そう」とは読めますが、「もうす」とは読みません。

「奏者」「もうすもの」ではなく、「そうしゃ」と読むようにしましょう。

「奏者」の意味

「奏者」とは、楽器を演奏する人のことを言います。

あるいは、天皇や上皇に奏上する人のことを表しています。

「奏者」「奏」は、「すすめる」「かなでる」「演奏する」などを意味しています。

また「者」は、「もの」「こと」「特定の人」などを表しています。

そのため、「奏者」は漢字の意味から見ると、「演奏する人」と言う意味合いになります。

「奏者」の言葉の使い方や使われ方

・『彼女はヴァイオリン奏者として、長年活躍してきました』
・『プロのピアノ奏者である彼は、今でも精力的に活動しています』
・『私はフルート奏者になるために、音楽大学へ進学します』

まとめ

「奏者」と関連した語としては、「演奏者(えんそうしゃ)」「ミュージシャン」「プレーヤー」「伴奏者(ばんそうしゃ)」、あるいは「楽士・楽師(がくし)」などが挙げられます。

「奏者」「もうすもの」ではなく、「そうしゃ」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました