「奔走」の読み方と意味とは?「ほんそう」と「はんそう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「奔走」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「奔走」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「奔走」の正しい読み方は「ほんそう」と「はんそう」どちら

「奔走」の読み方として推測できるものに、「ほんそう」「はんそう」があります。

「ほんそう」「はんそう」の二つの読み方のうち、「奔走」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「奔走」の正しい読み方の結論は、「ほんそう」が正しい読み方になります。

「奔走」の言葉で使用されている「奔」という漢字の音読みは「ホン」、訓読みは「はしる」です。

「奔走」「奔」には「ハン」という音読みはないので、「はんそう」という読み方は明らかな読み間違えと判断できます。

「はんそう」と読むことができる漢字表記は、「奔走」ではなく「搬送」になります。

「奔走」の意味

「奔走」の意味は、「走り回ること」を意味しています。

「奔走」とは、「何らかの目的があって、忙しく動き回ること」を示しているのです。

「奔走」の別の意味として、「目的を果たしたり物事をスムーズに進めるために、あちこち動き回って尽力する」といった意味も挙げることができます。

「奔走」の古語的な意味には「ごちそうしてもてなすこと」「人を可愛がって大事にするさま」といった意味合いもありますが、現代語の「奔走」をそれらの意味で使うことはまずありません。

「奔走」の言葉の使い方や使われ方

「奔走」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『スタートアップの会社を立ち上げたばかりの頃は、関連会社や見込み客の間を奔走していました』
・『彼女とその友人が奔走してくれたおかげで、資金繰りの悪化を何とか乗り越えることができました』
・『若い頃は寝る間も惜しんで、新しいビジネスを上手くいかせるために必死に奔走していました』

まとめ

この記事では、「奔走」の正しい読み方「ほんそう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「奔走」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました