「学制」の読み方と意味とは?「がくせい」と「まなびせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「学制」の読み方と意味とは? 読み方

学校教育の制度を示す言葉には「学制」があります。

この記事では、「学制」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「学制」の正しい読み方は「がくせい」と「まなびせい」どちら

「学制」の正しい読み方は「がくせい」であり、「まなびせい」とは読みません。

この言葉に使われている「学」は音読みで「がく」と読み、訓読みは「学ぶ」「まなぶ」と読みます。

「制」は音読みで「せい」と読みます。

正しい読み方の結論

「学制」の正しい読み方は「がくせい」であり、「まなびせい」は間違いです。

「学制」の意味

「学制」とは学校教育の制度を示す言葉であり、こちらは明治時代の法令によって作られたことで有名です。

明治時代は日本の近代教育制度が作られた時代であり、明治5年には初めてこれに関する基本法令が定められました。

この「学制」は全国に学区制を用いたことが有名であり、学校は大・中・小の3つの区分に分類されました。

この「学制」は明治12年に廃止されており、代わりに登場した「教育令」によって日本の近代教育は発展していきます。

「学制」は年齢や性別に関係なく勉強することを目標としており、近代教育の理念は現代に受け継がれています。

「学制」の言葉の使い方や使われ方

・『明治時代の学制について研究しています』
・『学制のメリットとデメリットを資料から分析しました』
・『古い時代の学制案ということで、彼の考えは撤回された』

まとめ

「学制」とは学校教育の制度を示す言葉であり、こちらは主に明治時代の法令を示す時に使います。

明治5年に制定された「学制」は12年に廃止され「教育令」に受け継がれます。

「学制」は年齢や性別を区別することなく学習する理念が特徴的です。

タイトルとURLをコピーしました