「宅地」の読み方と意味とは?「たくち」と「たくじ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「宅地」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「宅地」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「宅地」の正しい読み方は「たくち」と「たくじ」どちら

宅地の漢字表記を目にした人の中には、たくじと読んでしまう人もいるものです。

確かに最初の宅の漢字は、住宅といった言葉を見れば分かる様に、たくという読みがあるし、後ろの地の漢字も、地面といった言葉の様に、じという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを合わせて、宅地を、たくじと読んでしまう事は理解出来なくもありません。

所が実際は、宅地の漢字は、たくじとは読まず、たくちと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

宅地は、たくちと読むのが正解な言葉です。

というにも宅の漢字では前記した様に普通に、たくと読める上に、地の漢字も、じという読み以外にも、大地という言葉の様に、ちという読みを持っています。

以上の事から、宅の漢字のたく読みと、地の漢字のち読みを選択して組み合わせる事で、宅地の漢字は、たくちと読む事が可能です。

「宅地」の意味

宅地は、住まいや住む家といった意味がある宅の漢字に、とちとか、だいち等の意味を有する地の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ宅地は、家屋の敷地を表すのです。

「宅地」の言葉の使い方や使われ方

・『この辺りの田畑を宅地用に造成する計画があります』
・『うちの周辺にある農地の多くが宅地への転換を考えているそうです』
・『こういった閑静な高級住宅地に住んでみたいものです』

まとめ

宅の漢字は、たくという読みがあるし、地の漢字には、じという読みが存在します。

なのでそれら2つの漢字の読みを繋げて、宅地を、たくじと読んでしまう人もいるのです。

ですが残念ながら、宅地の漢字を、たくじと読むのは間違いで、たくちと読むべき言葉となっています。

そんな宅地は、住居を建てるための土地といった意味を示す言葉として、用いられているのです。

タイトルとURLをコピーしました