「宗派」の読み方と意味とは?「しゅうは」と「そうは」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「宗派」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「宗派」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「宗派」の正しい読み方は「しゅうは」と「そうは」どちら

宗派の漢字を見た人の中には思わず、そうはと読む人もいるものです。

確かに最初の宗の漢字は、宗家といった言葉の様に、そうという読みがあるし、後ろの派の漢字も、派閥という言葉を見れば分かる様に、はという読みがあります。

そのためその2つの漢字の読みを合体させて、宗派を、そうはと読んでしまうのです。

所が残念ながら、宗派の漢字を、そうはと読んでしまうのは間違いで、しゅうはと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

宗派は、しゅうはと読むべき言葉です。

そもそも宗の漢字は、そうという読み以外にも、宗教といった言葉を見れば理解出来る様に、しゅうという読みも持っている上に、派の漢字も前記した様に、はと読む事が出来ます。

だからこそ宗の漢字の、しゅう読みと、派の漢字の、は読みとを繋げる事によって、宗派の漢字は、しゅうはと読めるのです。

「宗派」の意味

宗派は、ある教義を奉じる一団や根本的な趣旨といった意味を持つ宗の漢字に、一つのものから分かれ出た仲間とか、集団といった意味を所有する派の漢字を付け加える事で誕生した言葉となっています。

以上の事から宗派は、同じ宗教内での分派や芸事等で傾向が同じ流派を示すのです。

「宗派」の言葉の使い方や使われ方

・『一言で仏教と言っても、様々な宗派に分かれています』
・『この所、各宗派間の対立が激化しているのです』
・『自らの意思で宗派を選ぶ権利があるはずです』

まとめ

宗の漢字には、そうという読みがあるし、派の漢字は、はと読む事が出来ます。

ですがその2つの読みを合わせて、宗派を、そうはと読むのは間違いで、しゅうはと読むのが正解な言葉です。

更にそんな宗派は、主に同一宗教内での分派といった意味を表す際に、使われる言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました