「宣告」の読み方と意味とは?「せんこく」と「せんこう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「宣告」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「宣告」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「宣告」の正しい読み方は「せんこく」と「せんこう」どちら

「宣告」という漢字は訓読みでは「宣(の)べる」「宣(のたま)う」と読み、音読みでは「せん」と読みます。

そして、「告」という漢字は訓読みでは「告(つ)げる」と読み、音読みでは「こく」と読みます。

「宣告」の場合、「宣」「告」それぞれに音読みを当て、「せんこく」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「宣告」の正しい読み方は「せんこく」になります。

「宣告」の意味

「宣告」とは、「告げ知らせること」「刑事事件の公判定において、裁判長が判決を言い渡すこと」を意味する言葉です。

「宣告」の類義語には「告示(こくじ)」「公告」(こうこく)」、「公示(こうじ)」「布告(ふこく)」「告知(こくち)」「宣布(せんぷ)」などがあります。

「宣告」が含まれる熟語の例には「個々の犯罪に対し、裁判官が具体的に量定して言い渡す刑」を意味する「宣告刑(せんこくけい)」などがあります。

「宣」「述べる」「広く告げ知らせる」という意味のほか、「たまう」「詔(みことのり)」「神や天子が下す言葉」としての意味が含まれる漢字です。

そして、「告」「知らせる」「語る」「訴える」という意味が含まれている漢字です。

「宣告」の言葉の使い方や使われ方

・『彼は医者より余命半年の宣告を受けた』
・『度重なる審議の結果、彼女には無期懲役の宣告が言い渡された』
・『この人物は獄中で死の宣告を粛々と受け入れた』

まとめ

「宣告」の正しい読み方は「せんこく」になります。

「宣告」とは、「告げ知らせること」「刑事事件の公判定において、裁判長が判決を言い渡すこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました