「宮内庁」の読み方と意味とは?「くないちょう」と「みやないちょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「宮内庁」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「宮内庁」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「宮内庁」の正しい読み方は「くないちょう」と「みやないちょう」どちら

「宮内庁」の読み方として想定されるものに、「くないちょう」「みやないちょう」があります。

「くないちょう」「みやないちょう」の二つの読み方のうち、「宮内庁」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「宮内庁」の正しい読み方の結論は、「くないちょう」が正しい読み方になります。

「宮内庁(宮内省)」というのは古代の大宝律令の時代から存在する皇室事務に関する役所であり、その読み方は「くないちょう」と慣用的に決められています。

「宮内庁」「宮」「内」の読み方だけで考えれば「みやないちょう」とも読めそうですが、「みやないちょう」という読み方は明らかな誤読なのです。

「宮内庁」の意味

「宮内庁」の意味は、「皇室関連の国家事務・国事行為に関する事務・伝統儀礼に関する事務などを司る行政機関」を意味しています。

「宮内庁」「内閣府に設置されている皇室関連の一切の事務を司る独自の位置づけの行政機関」とされています。

「内閣府設置法」で独自の行政機関と定義されたため、かつての総理府(現内閣府)の「外局」の位置づけではなくなりました。

「宮内庁」の言葉の使い方や使われ方

「宮内庁」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『宮内庁は宮内省として古代日本の律令の時代から設置されている皇室関連の役所です』
・『明治維新後に古代の太政官制を模倣した明治政府が構想されて、明治二年に宮内庁(当時は宮内省)が設置されました』
・『眞子様の婚姻報道でデマもでたことから、宮内庁はSNSを活用した正確な皇室関連情報の発信にも注力しています』

まとめ

この記事では、「宮内庁」の正しい読み方「くないちょう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「宮内庁」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました