「宮城」の読み方と意味とは?「きゅうじょう」と「みやぎ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「宮城」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「宮城」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「宮城」の正しい読み方は「きゅうじょう」と「みやぎ」どちら

宮城の漢字を見た人の中には、きゅうじょうと読む人もいれば、みやぎと読む人もいたりするものです。

お陰でどちらの読みが正解かで、迷ってしまったりします。

所が実際は、宮城は、きゅうじょうとみやぎ、どちらの読み方も可能な言葉であり、正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

宮城は、きゅうじょうとみやぎ、両方の読み方が出来る言葉です。

というのも宮の漢字は、きゅうという読みも、みやという読みも普通に持っています。

ただし城の漢字は、じょうという読みはあるので、宮城を、きゅうじょうとそのまま読む事が可能ですが、城の漢字には、きはともかく、ぎ読みはありません。

そのためどうして、宮城は、みやきではなく、みやぎとなるのか分からないという人も少なくないです。

もっともそれは日本語の連濁と呼ばれる少し特殊な読み方によるものであり、2つの語が結び付いて1つの語になる際には、発音し易くするために、後ろの語の清音が濁音に変化する事があります。

宮城は、そんな連濁によって、みやぎと読む事が出来るのです。

「宮城」の意味

宮城の漢字は、読み方によって表現する意味に違いがあるので、その点に注意が必要だったりします。

まず、きゅうじょうと読んだ場合は、天皇の住む所や、かつて皇居の称として使われていた言葉となるのです。

一方の、みやぎと読んだ場合は、東北地方の中部に存在する1つの県を表します。

「宮城」の言葉の使い方や使われ方

・『私は宮城県で生まれ育ちました』
・『かつて皇居の事を、宮城と読んでいたのです』
・『来月、家族と宮城県に旅行に行きます』

まとめ

宮城の漢字を目にした人の中には、きゅうじょうと読むべきか、みやぎと読むべきかで悩む人もいるものです。

ですが宮城は、きゅうじょうとみやぎ、どちらの読み方も可能であり、正解な読み方となっています。

とはいえ宮城の漢字はどう読むかで、示す意味合いに違いが生じるのです。

きゅうじょうと読んだ場合には、天皇が住む場所や、かつての皇居の称を表します。

対する、みやぎと読んだ場合には、仙台市を県庁所在地とする東北地方の県を表現する言葉となるのです。

タイトルとURLをコピーしました