「家庭教師」の読み方と意味とは?「かていきょうし」と「いえにわきょうし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「家庭教師」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「家庭教師」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「家庭教師」の正しい読み方は「かていきょうし」と「いえにわきょうし」どちら

生徒の自宅に行って1対1で教えることを「家庭教師」【かていきょうし】といいます。

教える側が家庭に訪問して、小学生から高校生まで幅広い学年の学生に対して自分が得意とする教科を詳しく教えるのが仕事です。

教える教師は大学生のアルバイトであったり、中年世代が担当することが多いでしょう。

正しい読み方の結論

音読みで「家」「イエ」といい、「庭」「ニワ」「教」「キョウ」「師」なら「シ」と読みます。

「家」「すまい」「庭」「家の前か後ろの平らな空き地」「教」「おしえる」「師」の意味は「かしら」になるわけです。

もう一方の「いえにわきょうし」は一般的な読み方ではないため、「家庭教師」の読み方は「かていきょうし」といった方が正しい読み方になります。

「家庭教師」の意味

学びたいと思う生徒側が家庭に教師を招き入れて、1時間、2時間と決まった時間ごとに依頼があった教科を教えることで給料が得られます。

最近は依頼側にアンケートをとり、容姿や年齢、性別などを指名して教師を依頼できるところも指示されている部分です。

元々は上流家庭の息子だけが教師を雇い、学べるものでした。

この言葉の語源はギリシアであり、アテネの教養人が王家の子を教育することから「家庭教師」が始まります。

「家庭教師」の言葉の使い方や使われ方

・『家庭教師会社に応募してから面接と適正テストを受ける』
・『時給がいい家庭教師は、他のアルバイトよりも稼げる』
・『家庭教師になるには、生徒が受験する志望校より高い学力が必要だ』

まとめ

自分の学力を活かし、これから受験したり、勉強を頑張る生徒に教える仕事についてご紹介しました。

まずはアルバイトから始めてみて、相性が良ければ正社員としての道を選ぶのもいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました