「家裁」の読み方と意味とは?「かさい」と「いえさい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「家裁」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「家裁」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「家裁」の正しい読み方は「かさい」と「いえさい」どちら

「家裁」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「家」の漢字の音読みは「カ・ケ」で、訓読みは「いえ・や」です。

また、「裁」の漢字の音読みは「サイ」で、訓読みは「た(つ)・さば(く)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「かさい」と読めることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「いえさい」と読める可能性があることも分かります。

しかし、この分析からは、いずれの良い方が正しいかを判断することは出来ません。

さて、「家裁」の正しい読み方は「かさい」「いえさい」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「家裁」の正しい読み方は「かさい」で、「いえさい」と読むのは間違いです。

この「家裁」の熟語では、少し特殊な湯桶読みではなく、最も一般的な音読みを重ねた読み方が正しかったことになります。

「家裁」の意味

「家裁」とは、「家庭に関する事件の審判や調停、及び少年保護事件の審判などを行う下級裁判所である家庭裁判所の略称」を意味する言葉です。

「家裁」の言葉の使い方や使われ方

・『あの少年が行った犯罪に対して、先日、家裁の審判が下されました』
・『妻の方が離婚の慰謝料に納得できないとして、弁護士を通じて家裁での離婚調停を願い出ました』

まとめ

「家裁」の正しい読み方は「かさい」で、「いえさい」と読むのは間違いです。

「家裁」とは、「家庭に関する事件の審判や調停、及び少年保護事件の審判などを行う下級裁判所である家庭裁判所の略称」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました