「密使」の読み方と意味とは?「みっし」と「みつし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「密使」の読み方と意味とは? 読み方

歴史の転換点で重要な役割を担っていたのが「密使」です。

この言葉はどんな存在を表していてと何と読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「密使」の正しい読み方と意味について解説します。

「密使」の正しい読み方は「みっし」と「みつし」どちら

「密使」という言葉の読み方として考えられるのが「みっし」「みつし」のです。

「みっし」「みつし」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「密使」の正しい読み方は「みっし」です。

「密」には「密教」【みっきょう】「密航」【みっこう】など「みっ」という読み方と、「密造」【みつぞう】「過密」【かみつ】など「みつ」という読み方があります。

「使」「使役」【しえき】「大使」【たいし】など「し」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「みっし」「みつし」のうち「密使」の正しい読み方は「みっし」です。

「密使」の意味

「密使」とは、「他に知られてはいけない使命を与えられ密かに送られる使者」を指す言葉です。

命令や依頼により使いになる人を「使者」といいます。

品物を届けたりメッセージを伝えたりといった仕事のほか、命令した人の名代として活動することもあります。

周囲に明かせない秘密の命令によって動く使者が「密使」です。

極秘情報や機密の命令を運ぶほか、抵抗勢力に密かに力を貸すなど公にできない任務のために使いとして秘密裏に行動する人も「密使」と呼ばれます。

「密使」の言葉の使い方や使われ方

・『隣国に密使を送る』
・『密使が隠し持っていた書状を手に入れる』
・『停戦交渉の申し入れのために密使を立てる』

まとめ

「密使」の読み方は「みっし」が正しく「みつし」は誤った読み方です。

日常ではまず使わない言葉ですが国際政治など表に出せないことが多い分野でよく使う言葉なので正しい意味と読み方を憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました