「富貴」の読み方と意味とは?「ふうき」と「とみき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「富貴」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「富貴」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「富貴」の正しい読み方は「ふうき」と「とみき」どちら

「富貴」「富」は、音読みで「フ」「フウ」、訓読みで「とみ」「と(む)」と読みます。

また「貴」は、音読みで「キ」、訓読みで「とうと(い)」「とうと(ぶ)」「たか(い)」などとなります。

「富」「貴」を音読みにすると、「ふうき」と読むことができます。

一方、「富」を訓読み、「貴」を音読みにすると、「とみき」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「富貴」の正しい読み方は「ふうき」です。

「富」「とみ」とも読めますが、「富貴」の場合は「ふう」と読みます。

「富貴」「とみき」ではなく、「ふうき」と読むようにしましょう。

「富貴」の意味

「富貴」とは、財産があって、地位や身分も高いことを言います。

「富貴」「富」は、「財産がある」「豊か」「富豪」などを意味しています。

また「貴」は、「たっとい」「地位が高い」「尊敬する」などを表しています。

そのため、「富貴」は漢字の意味から見ると、「財産があって地位が高い」と言う意味合いになります。

「富貴」の言葉の使い方や使われ方

・『富貴は「ふうき」「ふっき」「ふき」と読むことができます』
・『「富貴栄華(ふうきえいが)」は、身分が高く、財産があって繁栄していることを言います』
・『「長命富貴(ちょうめいふうき)」は、長寿で、高い地位があり、資産が多くあることを意味しています』

まとめ

「富貴」と関連した語としては、「やんごとない」「高貴(こうき)」「高明(こうめい)」「素封(そほう)」、あるいは「貴顕(きけん)」などが挙げられます。

「富貴」「とみき」ではなく、「ふうき」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました