「寸法」の読み方と意味とは?「すんぽう」と「すんほう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「寸法」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「寸法」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「寸法」の正しい読み方は「すんぽう」と「すんほう」どちら

「寸法」の読み方として予想できるものに、「すんぽう」「すんほう」があります。

「すんぽう」「すんほう」の二つの読み方のうち、「寸法」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「寸法」の正しい読み方の結論は、「すんぽう」が正しい読み方になります。

「寸法」の名詞に使われている「法」という漢字の音読みは「ホウ」、訓読みは「のり・のっとる」です。

ただし「寸法」の言葉における読み方は読みやすいように半濁音化した「ポウ」で、「ホウ」の読み方はしません。

そのため、「寸法」「すんほう」と読むのは明らかな誤読となります。

「すんほう」という日本語の単語も、実際には存在しません。

「寸法」の意味

「寸法」の意味は、「モノや洋服の長さ」になります。

また「モノの長さの基準」となるものを指示して、「寸法」といいます。

「寸法」の意味として、「物事の考え方のものさし(尺度)となるもの・判断基準」も挙げられます。

さらに「寸法」には、「これから進めていこうとする物事の段取り・プラン」といった意味合いもあります。

「寸法」の言葉の使い方や使われ方

「寸法」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

『寸法を正確に測ってもらったオーダーメイドのスーツはやはり着心地がまったく違います』

・『彼と私では世の中にどのように対峙して生きていくのかの寸法が異なっています』
・『この事業計画が寸法どおりに実現すれば、今までの二倍以上の収益を上げられるでしょう』

まとめ

この記事では、「寸法」の正しい読み方「すんぽう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「寸法」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました